家族葬と種類~直葬~

お葬式にかかる費用というのは、お葬式の規模によって大きく違います。内容によっては持ち出しが多くなる可能性があり、親族の負担になってしまうことも考えられるでしょう。金銭的な負担の少ない種類のお葬式に関してご紹介します。

基本的な家族葬では通夜やお葬式などを行うのが一般的です。しかし、直葬というのはそういったお葬式の一連の流れを省き、火葬場にて火葬のみを行うという方法です。この種類のお葬式が一連の流れを省いていることからもお葬式費用が一番安く済むと言われているものになります。儀式のほとんどを省いてしまうという形になってしまう種類ではありますが、費用に関してどうしても厳しい場合はこちらを選択するのも1つの手です。

基本的に、直葬となれば非常に近しい人のみが参加するという家族葬の形になるのが主流です。さまざまな弔う儀式を省くという形になるので、火葬を行う前に故人とのお別れの時間を少し設けるなど、親族間の間で不満がでないような形をとっていくように心がけましょう。

費用が抑えられるという利点がある直葬ではありますが、周囲の人への配慮などをしながら行わなければいけない種類のものであるということは理解しておきましょう。