家族葬と種類~時と場合に合わせて~

お葬式にはさまざまな形があります。どのような家族葬を選ぶかは亡くなった家庭の喪主やその親族に判断が委ねられます。だからこそ、慎重にどのようなお葬式にするのかを選んでいきたいものです。

例えば、ご紹介したような一日葬や直葬という種類は多くの人を呼ぶような一般の葬式と比較すると家族葬と比較的組み合わせやすい種類の形式です。もちろん、時と場合によってにはなりますが、時間や費用などの問題が発生してしまい必要に応じて一日葬や直葬という形式をとりたい場合には家族葬でこのようなお葬式を行いたいという主旨を葬儀会社にしっかりと伝えておく必要があります。

葬儀会社によっては、お葬式の形式に対応しているものとしないものがあるというケースもあります。事前のリサーチがないと、お葬式の要望を通すのが難しいというケースもあるでしょう。そのようなことがないように、お葬式の希望が明確にある場合には事前に依頼しようと思っている葬儀会社に対応してもらえるかに関して相談などをしてみると安心でしょう。

お葬式で最も大切なのは、亡くなった人を弔う気持ちです。お葬式を行う側も後悔の残るお葬式にならぬように、亡くなった方の意向を尊重したお葬式にしていくことを心掛けてみましょう。