家族葬と種類~社葬~

お葬式の種類の1つに挙げられるものの1つが社葬です。一般的にこれが行われるケースは多くはありませんが、無関係と言えない人も居るのでこちらのお葬式の種類に関してもチェックしてみましょう。

社葬という種類のお葬式の形式は、会社などを経営している代表の人などが亡くなった場合に行われるもので、主体となるのは会社です。遺族と共同で行う場合もあれば、会社のみで行う場合のありそれぞれのケースによって異なりますが、基本的に会社に在籍している社員なども参加するので規模が会社の大きさに比例して大きくなっていくのが特徴です。また、この種類のお葬式は準備までに時間がかかるという特徴もあります。

社葬の場合は、お葬式の準備に時間がかかるので基本的に遺族の間で故人が亡くなった後に親族のみで密葬を済ませてしまうというケースが一般的です。密葬は家族葬と同じように思われがちですが、家族葬には呼ぶ人の制限がない一方密葬の場合は家族や親族など関係の近しい人のみで集まって行うというスタイルが一般的です。

珍しいケースではありますが、家族に会社を経営している人がいる場合、社葬や密葬などのお葬式を選択しなければいけないときもくるかもしれませんので、それぞれの特徴を覚えておきましょう。