家族葬と種類~一日葬~

大切な人のお葬式は行いたいとは思っていても、遠くから来る人がいたり、それぞれの家庭の事情により時間をあまり割けないという場合もあります。そのようなケースに適したお葬式の種類についてご紹介します。

基本的に、葬式というのは通夜とお葬式告別式が行われます。これらは数日間かけて行われるものなので、喪主や参加する親族などは数日間参加しなければいけないことになります。しかし、上記のように時間が割けないという場合に関しては一日葬を選ぶ人も居ます。一日葬というのは、お葬式を一日で終わらせるという種類のものですので、数日間にかけてお葬式が行われるということはありません。

基本的に、一日葬となると少人数で済ませるということが多くあります。そのため、家族葬で一日葬という形態をとるケースもあるでしょう。家族葬では、基本的に親族の人や親しい人しか参加しないので、時間がないという場合でも人の目を気にすることなく一日葬という形式をとることができます。

それぞれの人の都合によって、なかなかお葬式のために数日間空けるということが難しいことも時にはあります。そのような時には一日葬という形式をとって、大切な人をしっかりと見送りましょう。