葬儀の種類~家族葬~

家族葬をはじめとする葬儀の種類

お葬式といえば何を思い浮かべるでしょうか?仏式のものを浮かべるという人が非常に多いでしょう。日本で行われるお葬式の種類というのは、仏式が非常にポピュラーなものになっているので、仏式のお葬式を選ぶ人が非常に多いです。しかし、お葬式にもさまざまな種類があります。どのような点に注目して、選べばよいのかについてご紹介します。

昔から日本で多く行われている仏式のお葬式というのは、ある程度お葬式の流れが決まっていますし日本人ならではの故人の見送りができるというイメージも強くあります。しかし、最近では一般的なお葬式以外にもさまざまな種類のお葬式のスタイルが確立されています。仏式のお葬式でなければいけないという決まりもないので、家族葬のような自由なスタイルも人気を集めています。特に自由なお葬式やリラックスした雰囲気を重視するという人は自由なお葬式のスタイルを確立することができる家族葬を求める傾向にあります。

お葬式の種類を選択する上で着目する点の2つ目と言えば、お葬式の規模です。非常に大きいものであれば、たくさんの人が来ることからも一般的な種類のお葬式の形式を選ぶことが多いでしょう。しかし、親しい人たちのみで行うお葬式となればお葬式の形式にとらわれず故人や遺族の意向に沿ったお葬式にするという人も多く居ます。また、お葬式の参列者が少ないという場合は、それぞれの信仰する宗教にあった種類のお葬式の形式をとるということもあるでしょう。

さらに、お葬式をどのようなものにするかという点において非常に重要な要素になってくるのが費用です。お葬式を行う家庭によっては、お葬式に出すことができる金額の予算が決まっているというケースも少なくありません。お葬式の形式や呼ぶ人数などによって、予算をオーバーしてしまうこともあるので、家庭の予算にあったお葬式の形式や細かいオプションなどを選択していくということがあるでしょう。費用に関して不安がある場合には、事前にお葬式の種類ごとの費用の相場なども調べておくといざという時も安心でしょう。お葬式の選択肢が増えつつある現代社会だからこそ、故人や遺族の意思が尊重できるお葬式を進めていくことができます。お葬式とひとくくりにしても、選択するお葬式の種類や信仰する宗教によっても違いが出てくるので、お葬式の喪主となる機会があった場合には上記でご紹介した内容なども理解した上でお葬式の準備を進めていき、大切な人との最後の時間を過ごすようにしましょう。

最新投稿